キッチンカー開業までにかかる費用を大公開【本気の経費を紹介します】 - カケハシフードトラック
Instagramはコチラ YouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

キッチンカー開業までにかかる費用を大公開【本気の経費を紹介します】

キッチンかーの開業にかかる費用とは 開業前の準備

どうもこんにちは。キッチンカーサポート事業、カケハシフードトラック代表のゆきち(@yuki_one2)です。YouTubeチャンネルもぜひご覧ください。

 

カケハシチューブ - キッチンカー情報局
キッチンカーのリアルな情報とDIYを配信予定。カケハシフードトラックというキッチンカーに関わる事業をしていて、そこで得た知識をエンタメとして届けたいです。DIYは完全に趣味。

 

さて僕は2019年11月にキッチンカーを開業させたわけですが、今回は開業までにかかった費用を大公開します!

 

 キッチンカー初出店をむかえるまでにいくら必要なのか?

 

すべてこと細かに記録してあるので、1円単位で教えちゃいます。

 

  • これからキッチンカーをはじめたい!!
  • キッチンカーはじめるのにいくら必要なの!?

 

移動販売に興味がある、すべての人の疑問に答えたいと思います。かく部門ごとに経費を紹介しますので、ぜひ開業の参考にしてみてください。

 

ではいきましょう!!

 

 8ヶ月間のキッチンカー体験記を書きました!!初出店をむかえるときから廃業までの心境を、生々しく書いています。17,000文字に及ぶ大作をぜひご覧ください。
キッチンカー体験記-クレープ屋を開業してから辞めるまで-|ゆきち|note
こんにちは!カケハシフードトラックという個人事業を運営しているゆきちと申します。キッチンカーの仲介業とイベント企画、YouTubeなどをやっています。 note公開後、多くの方にスキと評価していただきまして、本当にありがとうございます!! 思いのままにパソコンに向かっていましたが、たくさんの人が「タメになっ...

 

キッチンカー開業までにかかる費用を大公開【本気の経費を紹介します】

 

キッチンかーの開業にかかる費用とは

 

開業までにかかった経費はいくら?

 

それでは最初に開業までの総合の費用を発表します。

僕が初出店までにかかった費用は…

 

 

2,292,375円です!!

 

 

どうですか!?

想像より高かったですか?安かったですか?

 

僕はこの数字を見て、思ったより『安い』と感じました。

なぜなら開業前にいろんなホームページを見てきましたが、平均的には350万円くらいかかるイメージがあったからです。

 

さらに開業に向けて遠慮なくお金を注ぎ込んできたので、もっと使っているイメージもありました。

 

ではここからは部門別に、開業までにかかった費用を紹介していきます。

 

費用を部門で分けると以下のようになります。

  1. 車両購入費
  2. 交通費
  3. 勉強費
  4. 食材費
  5. 保健所許可のために支払った費用
  6. キッチンカーの装飾費
  7. 資格取得費
  8. 宣伝広告費
  9. 消耗品費
  10. 設備費
  11. その他費用

 

それではひとつずつ、かかった費用を見てきましょう。

 

車両購入費

経費の80%を占めたのがこの「車両購入費」です。そりゃそうですよね。キッチンカーは高額なんです。

 

購入した車はこの軽バンです。色が可愛いと人気があります。

 

キャンプス号

 

この車が税込で1,841,000円でした。この金額の中には車本体と後部の改造費も含まれています。

キッチンカー開業にかかる費用のほとんどは「車両費」ということで間違いないですね。

 

交通費

キッチンカーを製作したのが埼玉県なので、そこまで通った交通費を経費に含みます。

 

ガゾリン代:4,046円

ETC料金:4,970円

電車代:2,048円

合計:11,064円

 

キッチンカー開業の核心-販売車両の選び方とは
移動販売をはじめたい。まず考えつくのは「どんな車両にしようか」。移動販売において、車両選びは最大の買い物であり、今後の営業利益を決めかねない大事な決断です。絶対に失敗はしたくないですよね。この記事ではキッチンカーを始めようとしている僕が、現在直面している車両選びについてまとめています。

 

勉強費

キッチンカーを始めようと思ったときに、キッチンカーのことを勉強するためセミナーや市主催の講習会に参加しました。そこでの参加費などを経費に計上します。

 

  • 習志野商工会「創業塾」講習費:3,500円
  • フードトラックカンパニー「試食会」参加費:3,240円

合計:6,740円

 

キッチンカーの試食会に参加した結果/フードトラックカンパニー
移動販売で開業しようと日々準備に励んでいますが、なかなかキッチンカーと言ってもイメージは持ちづらいですよね。そこで紹介したいのが実施にキッチンカーを体験できる「試食会」です。ではその試食会とやらはどういうものなのでしょうか。実際に体験してきたので開業希望者が語ります。

 

食材費

クレープを焼く練習のためにかけた材料費です。初心者だったのでかなり練習しました。

費用合計:29,842円

 

ちなみに初出店のときに購入した食材費は20,526円です。おそらくこれで200人分くらい作れます。

 

クレープ屋に必要な機材とは?実際に使っているものを一挙に紹介します!
キッチンカーでクレープ屋をやっていた僕が実際に使っていた機材をすべて紹介します。自宅で本格的なクレープ生地を作ってみたいとか、キッチンカーをやってみたいという方にはちょうどいい記事になっています。

 

営業許可のために支払った費用

キッチンカーが納車されてから、保健所の許可をもらうためにかけた費用です。

 

設備費用:60,968円

印紙代:14,000円

合計:74,968円

 

中でも発動発電機が37,830円と高額でした。冷蔵庫を稼働するためにどうしても必要と言われたので、泣く泣く購入することになりました。

 

発動発電機

 

【キッチンカー】保健所で食品営業許可証をもらうのに必要な書類とは
移動販売-キッチンカー「キャンプスクレープ」のホームページです。

 

キッチンカーの装飾費

キッチンカー受け渡し口夜

 

キッチンカーをオシャレにするためにかけた費用です。僕の場合はちょっとこだわりが強かったので、もしかしたらお金をかけすぎたかもしれません。

 

合計:74,744円

うちAmazonで使った費用:54,018円

 

欲しいものをどんどん買っていたら、あれよあれよとこんな金額になっていました。しかし後悔は一切していません!ほとんどAmazonで購入してたみたいです。

 

資格取得費

キッチンカーを開業するのに、必要な資格を取った経費です。

 

食品衛生責任者講習:9,000円

検便費用:1,000円

合計:10,000円

 

検便は資格ではないですが、ここで紹介しておきます。

 

飲食店経営に必要な資格/食品衛生責任者とは?
こんにちは。移動販売でクレープ屋をもうすぐ始めるつもりでいるゆきち(@yuki_one2)です。 移動販売経営をするのに必要な資格って何だと思いますか? 絶対に必要な資格はひとつ、「食品衛生責任者」です。 ...

 

宣伝広告費

このブログを運営する費用とか、ロゴ製作費とか通信費がここに含まれています。

 

合計:24,040円

 

ココナラ」というサイトでロゴ製作を依頼しましたが、その費用が15,480円。しかし今考えるともったいなかったです。一から自作してもよかったなと後悔しています。

 

キッチンカーが契約するべき【おすすめWi-Fi】はこれだ
移動販売-キッチンカー「キャンプスクレープ」のホームページです。

 

消耗品費

クレープの包装紙とかシールなどの消耗品と、印鑑とか名刺の事務用品の経費です。

 

消耗品:63,355円

事務用品:25,668円

合計:89,023円

 

消耗品は大量に発注することしかできなかったので、一回の注文で数万円になります。さらに自宅に在庫を抱えるので、とても厄介ですね。

その中でも高額だったのがドリンクカップです。フタとストローもセットで、なかなかの額になります!

 

設備費

クレープを製作・保管・管理するための費用です。ここには鉄板やガスコンロ、冷蔵庫などが含まれます。

僕の場合は最初に冷蔵庫を2台購入したので、けっこう高額になりました。1台は自宅のクレープ材料保管用。もう1台はキッチンカー積載の冷蔵庫です。

 

冷蔵庫:46,904円

調理品:53,078円

合計:99,982円

 

クレープ屋に必要な機材とは?実際に使っているものを一挙に紹介します!
キッチンカーでクレープ屋をやっていた僕が実際に使っていた機材をすべて紹介します。自宅で本格的なクレープ生地を作ってみたいとか、キッチンカーをやってみたいという方にはちょうどいい記事になっています。

 

その他費用

僕はクレープ開業に合わせてYouTubeを開始しました。ここでは撮影機材にかけた費用、そして商工会の年会費を経費として加算します。

 

撮影用具:57,359円

商工会会員費:10,000円

合計67,359円

 

カケハシチューブ - キッチンカー情報局
キッチンカーのリアルな情報とDIYを配信予定。カケハシフードトラックというキッチンカーに関わる事業をしていて、そこで得た知識をエンタメとして届けたいです。DIYは完全に趣味。

 

経費のまとめ

以上を合算して2,292,375円となります。グラフにするとこんな感じです。

 

経費のグラフ

 

車両購入費の次にかかった費用は「設備費」です。冷蔵庫2台分とクレープの調理道具の多さが影響しました。

 

料金が高かったものランキング

ここで1個あたりの金額が高かったものを紹介します。

 

1位:GoPro7

GoPro7

 

別に必要なものでは無いですね。ごめんなさい。

Amazonのセールで購入したもので、通常価格だと41,580円します。クレープ屋には関係ないですが、開業時に買ったものでは一番高価でした。

 

キッチンカーをやるならYouTubeもしくはブログなどで日々の活動を発信していくことをおすすめします!

世の中には「キッチンカーやってみたい」と一度は思う人は多く、あなたの経験ひとつひとつが貴重な経験談となります。誰の人生も無駄なことなんてなく、発信していけばそれは誰かのためになるはずです。

 

2位:発動発電機

発動発電機

 

クレープ屋開業にはおそらく必須の発電機が高額でした。ホームセンターにも行きましたが、ネットショップの方が安値でした。価格は39,713円です。

発電機は高いもので10万くらいします。使用時間やパワーも違うので、発電機選びは慎重にいきましょう。

 

【保存版】キッチンカーおすすめ発電機4選/選び方と注意点
キッチンカー業者が選ぶべき発電機に付いてまとめました。キッチンカーで何を売るか、どのくらいの規模でやるかによって購入する発電機は変わってきますが、それぞれでおすすめする発電機を紹介します。これから発電機を買おうとしている方にとっては、非常にわかりやすくまとめたのでぜひ一度ご覧ください。

 

3位:冷蔵庫

冷蔵庫

 

同じくらい高かったのは家にあるクレープ保管用の冷蔵庫です。こちらはネットショップよりも家電量販店の方がお得だったので、ビックカメラで購入しました。

一人暮らしに使われる冷蔵庫で、価格は31,104円でした。ビックカメラはポイントも付くし、かなり優秀な家電量販店です。

 

最後に

 

いかがだったでしょうか?

領収書を計算して経費を出したので、かなりリアルな数字です。

皆さんに報告できるだけでなく、僕自身もこうして経費を確認することができてよかったです(^^)

 

これから開業を目指す人にとっては、ひとつ参考になる数字ではないでしょうか?

 

僕の場合は「軽バンタイプ」のキッチンカーなので、車内が狭く内装できる場所も限られています。これが軽トラタイプの車両で中身も広かったら、さらに費用がかさむことでしょう。

 

ぜひ軽トラで開業した人がいたら経費を教えていただきたいですね!記事をあげてくれればTwitterでリツイートします!!

 

では開業にかかる費用を一挙に公開しました!

僕のキッチンカー開業費用は、2,292,375円です!!

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] キッチンカー開業までにかかる費用を大公開【本気の経費を紹介します】 […]

タイトルとURLをコピーしました