キッチンカー登録募集中!!
オンラインショップ開設!!
詳細はコチラ
Instagramはコチラ YouTubeはコチラ

初心者でも簡単にできる全卵でカスタードを作る方法

カスタード クレープ作製

こんにちは。移動販売でクレープ屋開業を11月に控えているゆきち(@yuki_one2)です。

 

さてクレープ作りに日々奔走しているわけですが、やっぱり少しでも原価は抑えたいですよね。そのためには「自分で作る」ということが大事になってきます。

 

例えばクレープの素となる粉が売っていますが、自分で薄力粉などをブレンドして作った方が総合的に安価です。他もこれと同じで、材料は手間をかけるほど安く済む場合がほとんどです。

 

というわけで今回は食材のひとつ、カスタードを自分で作る方法を紹介します。

 

一見難しそうなカスタード作りですが、やってみると想像よりはるかに簡単でした。カスタードが固まっていく感触はなんとも気持ちの良いものなので、ぜひ皆さんにもやってもらいたいです。

 

初心者でも簡単にできる全卵でカスタードを作る方法

カスタード

 

ちなみにカスタードをネットで購入しようとすると、1kg700円でさらにクール便の配送料が600円かかり、合計で1,300円ほどになります。

クール便というのがなかなか厄介です。

 

自分で作った場合だと、1kgの原価は200円くらいです。もちろん作り方にもよって変わりますが、必要な材料が小麦粉と卵、グラニュー糖、牛乳なので素材自体が安価なのは間違いないです。

 

カスタード作りは卵黄のみを使うのが主流ですが、捨てるのがもったいないので、とりあえず全卵(どっちも使う)で作っていきます。

 

カスタードを作るために用意する食材

 

材料

 

【約350g分カスタードの材料】

  • 薄力粉20g
  • グラニュー糖40g
  • 牛乳200cc
  • 卵1個
  • バター5g
  • バニラエッセンス

 

甘さの調節はグラニュー糖の量です。バターとバニラエッセンスは無くても完成しますが、あった方が良いです。

 

カスタードの調理工程

 

  1. 薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜる。
  2. 牛乳を加えて混ぜる。
  3. 湯煎で温めながらかき混ぜる。
  4. 取り出してバターとバニラエッセンスを加える。
  5. 冷やして固まったら完成。

 

カスタード手作り

 

薄力粉はふるいにかけた方が滑らかになります。ダマがなくなるまでしっかりと混ぜます。

 

カスタードのとろみ

 

  1. 薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜる。
  2. 牛乳を加えて混ぜる。
  3. 湯煎で温めながらかき混ぜる。
  4. 取り出してバターとバニラエッセンスを加える。
  5. 冷やして固まったら完成。

 

牛乳を加える

 

混ぜ切った生地に牛乳を加えます。量が多い時は数回に分けて混ぜていくと良いですね。

 

  1. 薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜる。
  2. 牛乳を加えて混ぜる。
  3. 湯煎で温めながらかき混ぜる。
  4. 取り出してバターとバニラエッセンスを加える。
  5. 冷やして固まったら完成。

 

カスタード手作り

 

鍋に沸騰させたお湯を準備し、その上に生地を混ぜたボウルを乗せます。湯気で十分に温まるので、お湯がボウルに浸かる必要はありません。

 

カスタード手作り

 

混ぜていくと面白いようにクリームが固まってきます。ここで温めた時間だけクリームがもったりとしてきます。

シュークリームに入っているようなカスタードにするには“少しとろみが付いてきた”くらいです。やめ具合は難しいところなので、最初は固まりすぎてしまうと思います。

やりすぎても十分においしいので問題はありません!

 

  1. 薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜる。
  2. 牛乳を加えて混ぜる。
  3. 湯煎で温めながらかき混ぜる。
  4. 取り出してバターとバニラエッセンスを加える。
  5. 冷やして固まったら完成。

 

好きな固さになったら加熱は終了です。ボウルを取り出してバターとバニラエッセンスを加えます。

 

バターを加える

 

熱々なのでバターは混ぜていれば溶けます。ここでも塊にならないようにしっかり混ぜましょう。

※この2つは無くても大丈夫です。

 

  1. 薄力粉とグラニュー糖と卵を混ぜる。
  2. 牛乳を加えて混ぜる。
  3. 湯煎で温めながらかき混ぜる。
  4. 取り出してバターとバニラエッセンスを加える。
  5. 冷やして固まったら完成。

 

混ぜ終えたらカスタードをひとまとめにします。表面が乾かないようにカスタードを覆うようにラップをし、ボウルのまま冷蔵庫で冷やしましょう。瞬時に冷やすのが大切です。

 

カスタード手作り

 

カスタードがしっかり冷えたら完成です。僕はタッパーなどに入れて使いやすくします。

 

完成したカスタード

 

味はどうなの?

 

全卵なのでやはり濃厚さには欠けます。でもしっかり美味しいことは間違い無いです。

 

当初は卵白がもったいないということで全卵で作ろうと思いましたが、色合いのことも考えキャンプスクレープ卵黄だけのカスタードを提供しようという結果に至りました。

 

キャンプスクレープのカスタードは卵黄の手作りカスタードです。

卵白は別に朝食で使い切ります。

 

ちなみに卵黄だけの場合だと、卵を2個から4個に増やせば良い感じになります。

 

最後に

 

というわけで、全卵のカスタードを作る方法を紹介しました。この材料であれば100円もかからない計算になります。

 

しかも時間もそんなにかからないし、手間も多くはありません。カスタードは手作りすることをおすすめします。

 

もしかするとクレープに入れるカスタードは、グラニュー糖をもう少し増やして甘くすると思います。そこは作りながら答えをこれから見つけていきます。

 

甘いのもが大好きなみなさんも、ぜひ挑戦してみてください。

ちなみに動画でも紹介しています。

卵白を捨てない自家製カスタード

コメント

タイトルとURLをコピーしました