17,000文字のキッチンカー体験記 note
広告主募集!!

ここに表示する広告を募集しています

詳細はコチラ
Instagramはコチラ YouTubeはコチラ

移動販売の仕入れ先比較-コストコや業務スーパー、メトロなど

メトロのイメージ 開業前の準備

こんにちは。移動販売でクレープ屋開業を11月に控えているゆきち(@yuki_one2)です。

 

移動販売業者は実際にはどこで仕入れをしているんでしょうか?

今回は11月にクレープ屋開業を控えている僕が、利用するであろう仕入れ先を紹介します。

 

先に結果から言うと「ディスカウントストア」にかなりお世話になりそうです。

(ディスカウントストアとは、大量に仕入れて低価格で提供するお店のこと)

 

豊富な品揃え低価格、そして朝から開いていると言うことで、個人事業主はまずディスカウントストアを利用することが多いと思います。

 

この先移動販売を続けていけば、もしかしたら直接農家から仕入れるなんていうこともあるかもしれませんが、とにかくはじめは業務スーパーでしょう。

 

ということでこの記事では、移動販売初心者が利用する仕入れ先を比較していきます。

 

この記事でわかること

・移動販売業者が仕入れをする場所とは?
・ディスカウントストアの仕入れ値を比較
・業者専用スーパー「メトロ」の仕入れ値とは

 

僕はクレープ屋なのでクレープ材料の値段しか見ていませんが、他の食べ物でも業務スーパーが便利なことは間違いないです。実際に写真も撮って仕入れ値を比較しているので、ぜひ参考にしてください。

 

移移動販売の仕入れ先比較-コストコや業務スーパー、メトロなど

 

今回対象とする仕入れ先は以下の4社です。

  • イオン
  • コストコ
  • 業務スーパー
  • メトロ

 

イオンは一般的なスーパーの代表であり、僕ももっとも利用する場所なので基準として選びました。

他の3社がいわゆる「ディスカウントストア」です。

 

さらに注目した食材は以下の5点です。

  • 小麦粉
  • 牛乳
  • バター
  • 冷凍クリーム

どれもクレープの生地を作るのに欠かせない材料です。基本的なものであるがゆえに、お店の価格帯がはっきりしてくるでしょう。

 

まず3社のディスカウントストアの特徴を紹介し、5点の仕入れ値を比較していきます。

 

コストコ

コストコ

 

コストコの特徴

コストコは日本全国に26店舗あります。首都圏だと東京都町田市、千葉県印西市、幕張、埼玉県三郷市、入間市、神奈川県川崎市、座間市の7店舗です。

 

倉庫面積が非常に大きいため、土地が余っている遠隔地にコストコは建設されます。

 

コストコは商品価格が安い代わりに、年会費を払っている人しか入場できません。

しかしそうすることによって、商品で売上をあげなくとも会費で利益をまかなえるようになっているので、頻繁に利用する人にとってはお得なシステムになっています。

 

コストコ一般会員

コストコビジネスメンバー

 

移動販売をしている方は年会費の安い「ビジネスメンバー」になれます。税務署に提出する「開業届」を店舗に提示すれば、即時に会員になることができます。

 

コストコの商品

 

コストコは「とにかく安い」というイメージを持たれがちですが、それよりも注目するべきは「商品のクオリティ」です。

 

安いのはそうなんですが他の店舗にはあまり取り扱っていない良い商品が多いことが何よりの特徴です。

 

例えば下のふたつの商品。

 

チョコチップ

高級小麦粉

 

 

どちらもコストコ以外では見かけたことがありませんが、その品質は最高です。 値段もどちらかと言えば安い方です。

こういった食材を仕入れるにはコストコは最高ですね。海外の企業だからこできることです。

 

さらに食材以外の商品もおすすめです。

コストコのクーラーボックス

特に一押しなのがクーラーボックスです。大容量で高機能なので、もはや冷蔵庫と言ってもいいかもしれません。

移動販売にクーラーボックスは欠かせないはずなので、コストコを一度見に言って欲しいですね。

 

業務スーパー

業務スーパー

 

業務スーパーの特徴

 

フランチャイズで展開する店舗は全国に830店舗以上あり、今なお拡大中の食品販売業者です。

自社の工場で生産した製品を持ち、さらに海外からはまとめて大量に仕入れるので、低価格を実現しています。

 

店舗数が多いので、首都圏に住んでいれば目にする機会も多いはずです。

 

注目するべきはやっぱり低価格です。最後に比較し紹介しますが、クレープに欠かせない小麦粉や冷凍ホイップなどは最安値でした。

 

アマンディホイップ

業務スーパーの薄力粉

 

 

 

メトロ

メトロ千葉店

 

この記事でもっとも紹介したかったのが「メトロ」さんです。

 

メトロの特徴

 

メトロは関東にのみ10店舗展開しています。東京都に3店舗、千葉県に3店舗、神奈川、埼玉、群馬、栃木県にそれぞれ1店舗ずつあります。

 

特徴はなんと言っても一般客が入れないということです。

飲食店などの事業者のみを対象にしており、事前に会員カードを作らないと店舗を利用することができません

 

事業者は一般客とは消費量が違うので、これにより低価格が実現できるようです。

事業者としても店内が混雑することがないので、落ち着いて商品を仕入れることができますよね。嬉しい限りです。

 

会員証の作り方

 

僕はまだ移動販売を開業予定ですが、会員証を作ることができました。その方法を紹介します。

 

①ホームページから「カスタマー登録」を申し込む

公式ページから会員証発行の予約をします。入力フォームに必要な情報を入力しましょう。

 

 

②メトロから電話およびメールが届く

僕の場合は入力後まもなく、メトロ本社から電話が来ました。予約受付が完了したことと、会員登録に必要な書類を教えてくれました。

 

そこで提示された書類は

  • 店舗名が記載された開業届
  • キッチンカー購入の見積書

のふたつでした。

 

つまり「本当に事業をやる気がある」という書類を見せられればいいわけですね。

 

③近くのメトロ店舗に行きカードを発行する

最後は店舗でカードを発行してもらうだけです。電話やメールで提示された書類を持っていきましょう。

 

メトロの受付

 

店舗ではカード発行に20分ほどかかるので、買い物も一緒にするといいですね。

 

これがもらえる会員カードです。

metoroメンバーズ

 

メトロの商品

 

まず商品よりも驚くべき点は店内の広さです。

 

メトロ市川店


メトロ市川店

 

しかもスペースが温度別に仕切られていて、食材の保管にとても気を使っているのがわかります。

2枚目の写真の場所は冷蔵庫くらいの室温です。半袖で長居していると非常に寒いです。

 

店内が広いぶん、品揃えも半端がないです。コストコも店舗の広さはすごいですが、メトロさんはより飲食店にフォーカスしています。

 

僕にとって嬉しいのが冷凍ホイップの種類の多さです。

メトロのホイップ

メトロのホイップ

クレープ屋には欠かせない冷凍ホイップですが、そもそも取り扱っていないお店がほとんどです。その中冷凍ホイップの選択肢があるメトロさんは本当に頼りになります。

 

さらにチョコレートなどのシロップも多数そろえています。ここまでそろえているのはメトロさんくらいです。

 

メトロのシロップ

メトロのシロップ

お菓子系で特に驚いたのはアイスクリームの豊富さです。サツマイモやカボチャ味などがあり、もうメトロさんに行けばアイスクリーム店が開けます。

 

メトロのアイス

メトロのアイス

飲食店でよく使う機材もかなりそろえています。インターネットとは違い送料がかからないので、ここで買った方が安いものがたくさんあります。

 

写真以外にもたくさん揃えているので、実際に見にいくと感動します。メトロさんはまさに中小事業主の味方ですね。

 

メトロの機材

メトロの機材

 

仕入れ値の比較

 

ここからが本題です。先に提示した5品目の値段の比較をします。値段は以下の通りです。

 

仕入れ表

 

グラフにするとさらにわかりやすいです。

 

仕入れ表

まずわかることはどのディスカウントストアも、一般的なスーパーよりも低価格であるということです。

扱っている商品は同じではないので、しっかりとした比較ではないですが、ディスカウントストアを利用した方が間違いはなさそうです。

 

このグラフから見るに、とにかく低価格でいきたいのなら「業務スーパー」が強いですね。どの食材でも低コストを見せています。

 

それでも品揃えではコストコやメトロさんには敵わないので、買えるものは業務スーパーで、無いものはコストコやメトロさんで揃えれば良いかもしれませんね。

 

まとめ

 

  1. コストコ…値段はもちろん安いが、クオリティと他には無い商品が魅力。大量買いできることも嬉しい。
  2. 業務スーパー…家の近くにあるのが便利。ディスカウントストアでは最安値を誇っている。
  3. メトロ…クレープ屋にはかかせない材料が豊富に揃っている。ひとつではなく選択肢があるのが大きい。飲食店用の機材もそろっているのも最高。

 

三者三様ですね。それぞれに良いところがあります!!

結論としては仕入れ先はひとつに絞らずに、場合に応じていろんな場所で仕入れていけば良いと思います。

 

あと大事なことは現状の情報に満足しないで、もっと良い仕入れ先がないかを気にすることです。

僕は買い物に行ったついでに 、いつも価格チェックはしますね。

 

ぜひこれから移動販売を始めたいと思っている人は、参考にしてください。そしてこれからも仕入れ先は探していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました