キッチンカー報道の真実/プレイヤーが増えるとどうなるか - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

キッチンカー報道の真実/プレイヤーが増えるとどうなるか

キッチンカーの未来予想

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

 

さて今回の記事は、キッチンカーが増えるとどうなるかについて考えていこうと思います。

近ごろコロナの状況下で「キッチンカー需要が増えている」という報道をよく見るようになりました。

 

いくつか代表的な記事を載せておきます。

 

すでにキッチンカーを経営している方からすると

『同業者が増えて嬉しい』とか

『業界が賑わって嬉しい』とか思う人もいるかもしれません。

 

しかし、そんなことを言っている場合じゃないんです。

 

今後キッチンカーが増えるとどうなるのか?

これについて一緒に考えていきましょう。

 

それでは今回の記事はこちら。

 

キッチンカーが増えるとどうなるのか??

 

今後の予測の前に、まずは現状の整理からしましょう。

 

①日本の人口はだんだん減っている

内閣府-人口推移

参照:内閣府『高齢社会白書』

 

ご覧のデータのとおり、内閣府の算出によると、年々人口は衰退することが示されています。少子高齢化が進んでいるので、人口が減るのは必然の未来です。

 

②不景気

コロナの時期から、現状までの景気状況を見てみます。

参照:総務省統計局『労働力調査』

 

まずは総務省の失業率データを見てみましょう。

コロナの影響を受けて一気に失業率が増加したのが分かります。

その結果、キッチンカーや個人事業に切り替える人も増え、現状に至ると推測できます。

 

参照:内閣府『景気動向指数』

 

続いて、景気に関する総合的な指標を見てみます。

2021年から景気は改善傾向にありますが、こちらもコロナの時期に落ち込んでいるのが分かります。

ゲームやテレビの製造業が好調で、現状は回復傾向にあるようですが、外食や観光業界はいまだ大きなダメージを受けています。

飲食店倒産件数

参照:東京商工リサーチ『飲食業コロナ関連倒産推移』

 

つまり現状の日本の状況をまとめると

  1. 人口は間違いなく減少していく
  2. 失業率は増えている
  3. 飲食業界は壊滅的なダメージを負った

ということになります。

 

キッチンカーこれからの予測

タイトルイメージ

以上のデータをもとに、これからキッチンカー業界はどうなっていくのかを予測したいと思います。

 

キッチンカー増加

まず予測することは、キッチンカー台数が増えるということです。

 

この予測の根拠としては

  1. 失業率の増加で個人事業をはじめる人が増える
  2. 以前より情報が入手しやすく、開業がかんたんになった
  3. 飲食店開業を夢見る人が多い

ということが挙げられます。

 

キッチンカー製造会社が、この状況下で製作台数が増加したと発表していました。

またカケハシフードトラックでも、コロナの状況下でキッチンカーの登録台数が増えたので、今後もこの状況は続くのではないでしょうか。

 

出店場所の確保困難

キッチンカーが増えても出店場所が急激に増えることはありません。

ここからは、出店場所の取り合いが加速します。

 

今まで週3回出店していたものが、登録台数が増えて週2回になり、週1回になりということが予測できます。

 

場所を持っているオーナーにとっても、同じキッチンカーがずっと出店し続けるよりも、バリエーションが増えた方が嬉しいものです。

実際にカケハシフードトラックでも、違うキッチンカーを出店させたいという声が届きます。

 

今まで出店したいた場所に、新規のキッチンカーがどんどん参入してくるでしょう。

今はSNSで出店情報を公開する方が多いので、この状況は加速しそうです。

 

つまりこれまで以上に、出店場所を確保するのが難しくなります。

 

キッチンカーの格差

今後予測されるのは、限られた出店場所を複数のプレイヤーが奪い合う状況です。

競争は激化するでしょう。

 

今後は人気のキッチンカーと、そうでないキッチンカーの格差が広がりそうです。

 

料理がおいしくて、見た目もオシャレなキッチンカーは、売り上げやすい場所に招待されます。

しかしそうでないキッチンカーは、有利な出店場所に行くのが難しくなります。

 

ただ間違えないで欲しいのは、キッチンカー需要がなくなることは無いです。

実力のあるキッチンカーは、これからも伸び続けると思います。

 

キッチンカー業界は「横の繋がりが大事」とよく言われますが、これからはそんなことも言ってられないかもしれません。

大事なのは「繋がり」ではなく「実力」にシフトしていくでしょう。

 

これからやるべきこと

タイトルイメージ

しかし落胆することはないです。

「状況が悪くなる」と知っていることは、とても大事なことです。

 

未来を予測できれば、それに対応する準備ができます。

ここからは、仲介者目線でキッチンカーで勝ち残るための戦略を紹介していきます。

 

見た目を考える

キッチンカーの外観はとても大事です。

見た目をオシャレにするメリットは、かなりたくさんあります。

 

  1. 出店場所のオーナーが喜ぶ
  2. 料理がおいしそうに見える
  3. スペースの雰囲気がよくなる

 

外観がオシャレというのは、人気のキッチンカーに共通していることです。これからの戦いに生き残るには、外せない項目です。

 

しかし空間デザインなどが苦手な人もいるでしょう。

そんな方は、インスタグラムで「#キッチンカー」と検索して、フォロワーの多いキッチンカーを真似するといいと思います。

オシャレなキッチンカー

もちろんデザインを変えるには費用がかかりますが、それは大事な初期費用です。無理のない範囲で、少しずつ改善していきましょう。

 

料理のクオリティを上げる

時代が進むにつれて、おいしい料理というのは誰でも作れるようになりました。

それはインターネットの普及で、おいしい料理のレシピが掲載され、誰でもそれを見ることができるからです。

 

今は昔に比べて、圧倒的においしいものが世の中にあふれ、人々の『美味しい』と思うハードルも上がっています。

 

つまりキッチンカーの料理もクオリティが求められます。

自分では作れなさそうな、もしくは時間がかかるようなメニューが評価されるでしょう。

 

何を求めるか

参照:株式会社3A「キッチンカーの需要調査」

 

これは2021年に実施された、とあるアンケートの結果です。

見ての通り、人々からは「美味しさ」が求められているのです。

 

おいしい料理があふれているこの時代で、さらに『美味しい』と思われるものを提供しないと満足はされなくなってきています。

 

キッチンカーでも同じ料理を作り続けるのではなく、時代が進むにつれてアップデートしていく必要があるでしょう。

 

本当にいい出店場所は共有しない

出店場所は仲間内で共有するのが当たり前だったかもしれません。

しかし、これからは共有が自分の首を締めることになるかもしれません。

 

場所を共有するとどうなるでしょうか。

  1. 出店場所を仲間に共有する
  2. 仲間がSNSで宣伝する
  3. SNSを見た人が問い合わせる
  4. いろんな人が出店する
  5. 自分が出店できなくなる

 

気付いたら、自分が見つけた場所に出店できなくなっていた。

こんな未来が予想できます。

 

ただこの問題は解決が難しいそうです。

 

もし誰にも共有しなかったとしても、そのうちはバレるでしょう。

なぜなら、まず出店場所を提供しているオーナーは、いろんなキッチンカーに出店して欲しいと思っています。

 

やっぱり場所を提供しているからには賑わせたいので、いろんなキッチンカーを見てみたいですよね。

 

そして今のインターネットの拡散力は抑えられません。

黙っていても、一般の利用客がSNSで拡散すれば、探すのはかんたんなことです。

 

出店場所のオーナーと契約して「他のキッチンカーを入れない」などすることはできそうですが、現実的ではない気がします。

 

やはり最も力を入れることは、自分を磨くことです。

外観にこだわり、料理をアップグレードしていくのが、一番の近道かなと思います。

 

まとめ

それでは、今回の記事の結論をまとめます。

 

■今の日本の状況

  • 人口減少
  • 少子高齢化
  • 不景気

 

■これからのキッチンカーの予測

  • キッチンカー増加
  • 出店場所の確保が困難に
  • キッチンカーの格差拡大

 

■これからの対策

  • 見た目をオシャレに
  • 料理をアップグレード

 

この先はより競争が厳しくなり、弱肉強食の時代になることでしょう。

それによって、生き残るキッチンカーは洗練されて、クオリティの高いお店だけが残ると思います。

 

…とまあ、この記事のほとんどを個人の予想だけで書いてきました。

ただ確実な未来は、人口減少と、少子高齢化の加速です。

 

明るい未来とは言えないのは、厳しいですが現実です。

 

分かっている未来に向けて、今から準備しておくのは、とても大事なことではないでしょうか。

キッチンカー運営
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました