【キッチンカー】この料理何リットルのタンクが必要?? - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

【キッチンカー】この料理何リットルのタンクが必要??

料理に必要なタンク

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

 

さて2021年から営業許可が変わって、提供できる料理のルールも変更になりました。

つまりこれから開業する方は、今までの常識は通用しなくなりました。

 

 『ルールが変わって、結局何が提供できるの??』

今回は、そんな疑問にシンプルに回答していこうと思います。

 

2021年からはキッチンカーに載せるタンクの容量によって、車内でできることに制限がかかりました。

ズバリ今までのキッチンカー定番料理が、どの大きさのタンクで提供できるのかを紹介していきます。

 

キッチンカーの開業途中で悩んでいる方に、ぜひ読んでもらいたい記事です。

ということで、今回のテーマはこちら。

 

キッチンカーの定番料理、何リットルのタンクが必要??

 

キッチンカーに必要なタンクの大きさは20ℓ、80ℓ、200ℓのいずれかです。

定番料理をひとつずつ提示して、それぞれのタンクでできることを紹介していきます。

 

その前にそれぞれの積載タンクのルールを紹介しておきます。

  • 40ℓ:1工程の料理を1種類
  • 80ℓ:2工程までの料理をいくつでも
  • 200ℓ:なんでもOKで仕込みもできる

 

工程とは調理の動作のことです。焼くだけで1工程、焼いて盛り付けるで2工程になります。

以上を踏まえて、それぞれのメニューをご覧ください。

 

クレープ

クレープ

▶︎40ℓの場合

生地を仕込むこと、焼くことができない。

冷凍の生地しか使えず、盛り付けだけすることができる。

 

▶︎80ℓの場合

生地を仕込むことができない。

しかしどこかで生地を仕込んでくれば、鉄板で焼いて盛り付けることができる。

 

▶︎200ℓの場合

生地を仕込んで、焼くこともできる。200ℓのタンクがあると制限が一切なくなる。

 

クレープの場合、鉄板で焼くことが大事なパフォーマンスなので、80ℓは欲しいですね。

 

唐揚げ

唐揚げ

▶︎40ℓの場合

仕込みをすることができないので、別の仕込み場所が必要。

肉を揚げるだけの状態で用意して、車内で揚げて提供できる。

味付けやトッピングなどもできる。

 

▶︎80ℓの場合

揚げるほかに1工程だけできる。肉を切ったり、野菜を添えたり。

唐揚げなら、80ℓのタンクがあれば十分である。

 

▶︎200ℓの場合

仕込みから完全にキッチンカーの中でできる。

 

唐揚げ丼

唐揚げ丼

▶︎40ℓの場合

盛り付けと揚げることが一緒にできません。

40ℓタンクだと、用意した唐揚げとご飯を盛り付けることだけになってしまいますね。

これだとお弁当とほとんど変わりません。

 

▶︎80ℓの場合

どんぶりの場合、ほとんどが80ℓで対応できます。

揚げて盛り付けるので、2工程です。トッピングもOKです。

炊飯は1工程にみなされないようですね。またお米は無洗米を使うのが一般的です。

 

▶︎200ℓの場合

仕込みもできますし、よりこだわった盛り付けなどができます。

 

カレーライス

カレーライス

▶︎40ℓの場合

ルーを仕込むこと、加熱することができない。

40ℓだとカレーライスを提供するのは難しい。

 

▶︎80ℓの場合

ルーを仕込むことができない。

ただどこかで仕込んでくれば、ルーを加熱して、ご飯に盛り付け提供することができる。

 

▶︎200ℓの場合

ルーを仕込むことからできる。

さらにカツを一緒に揚げて提供したり、幅がかなり広くなる。

 

サンドイッチ

サンドイッチ

▶︎40ℓの場合

パンに具材をはさむことだけできる。もしくはサンドイッチを作っておいて、提供するだけとか。

しかし野菜を切ったり、お肉を焼いたり、パンを切ったりすることができない。

 

▶︎80ℓの場合

2工程までできるので、野菜を切って盛り付けるとか、お肉を焼いて盛り付けるとかができる。

「焼いて切って盛り付ける」は3工程以上なので不可。

野菜を仕込み場所で切っておけば、こだわったサンドイッチも提供できそう。

 

▶︎200ℓの場合

野菜を切ることも、お肉を焼くことも、盛り付けることもできる。

付け合わせとかも提供できます。

 

ホットサンド

ホットサンド

▶︎40ℓの場合

準備したパンを焼くことはできます。

しかし具材を盛り付けることはできない。

 

▶︎80ℓの場合

2工程なので、具材をはさんで焼くことができる。

しかし野菜を切ったりすると、2工程を超えるのでできない。

 

▶︎200ℓの場合

野菜を切って、パンにはさんで、それを焼くこともできる。

 

タコライス

タコライス

▶︎40ℓの場合

盛り付けることだけできる。

お肉を加熱したり、野菜を切ることはできない。

別の仕込み場所で、すべての準備をする必要がある。

 

▶︎80ℓの場合

お肉を焼いて、盛り付けることができる。

しかし野菜を切ったり、仕込みをすることはできない。

炊飯は1工程に含まれないので、安心して下さい。

 

▶︎200ℓの場合

野菜を切ったり、お肉の仕込みからできる。

 

ケバブ

ケバブ

▶︎40ℓの場合

1工程しかできないので、40ℓでケバブは難しいです。

 

▶︎80ℓの場合

一般的なケバブは80ℓで提供可能です。

お肉を焼いて、切って、盛り付けるで厳密には3工程となりますが、保健所では80ℓでできるということです。

ここらへんは保健所によって見解が違うところかもしれません。

 

▶︎200ℓの場合

最大のタンクがあれば、どこでも文句は付けようがないですね。

 

ラーメン

ラーメン

▶︎40ℓの場合

なんとラーメンは40ℓでも可能です。

ただし車内でできることは、茹でることのみです。つけ合わせの具材は盛り付けるだけは可能なので、仕込み場所で準備しておきましょう。

 

▶︎80ℓの場合

「茹でる」に加えて、さらに1工程できます。

焼豚を焼いたり、野菜を切ることが可能です。

 

▶︎200ℓの場合

仕込みから全ての調理が可能です。

そもそも給水と排水はたくさん使うので、200ℓはあった方がいいかもしれません。

 

うどん・そば

うどん

▶︎40ℓの場合

基本的にはラーメンと同じあつかいになります。

40ℓでも可能ですが、茹でる工程と盛り付けだけできます。

 

▶︎80ℓの場合

茹でるだけでなく、さらに1工程できます。

野菜を切ったり、お肉を焼いたり。

 

▶︎200ℓの場合

車内で打ちたてのうどんが提供できます。

 

ピザ

ピザ

▶︎40ℓの場合

冷凍のピザを焼いて提供することができます。

ただしオリジナリティは一切ないですね。

 

▶︎80ℓの場合

準備された生地の上にトッピングして、焼くことができます。

生地から車内で準備することはできない。

 

▶︎200ℓの場合

生地を練って、トッピングをして焼くことができます。

一般的な釜焼きピザを提供したいなら、200ℓが必要です。

 

パスタ

パスタ

▶︎40ℓの場合

パスタは40ℓでは難しい。

 

▶︎80ℓの場合

パスタを茹でる、ソースを温めるで2工程となる。

仕込み済みのソースを使うなら、80ℓでも可能。

 

▶︎200ℓの場合

本格的なパスタ料理を提供したいなら、200ℓは欲しいところ。

 

ドーナツ

ドーナツ

▶︎40ℓの場合

唐揚げと同じで、揚げることだけはできる。

生地を用意しておいて揚げるだけとか、冷凍のドーナツを加熱して提供することは可能。

 

▶︎80ℓの場合

揚げたドーナッツにトッピングすることもできる。

生地はどこかで準備しておくこと。

 

▶︎200ℓの場合

生地を仕込むことからできる。

 

ハンバーガー

ハンバーガー

▶︎40ℓの場合

1工程しかできないので、40ℓだと難しい。

 

▶︎80ℓの場合

パテとバンズを焼いて、盛り付けることができる。

野菜を切ることは、合わせてできない。

 

▶︎200ℓの場合

仕込みから、すべてできる。

ハンバーガーと一緒にドリンクや、ポテトをセットにするときは200ℓが必要。

 

ホットドック

ホットドッグ

▶︎40ℓの場合

ソーセージを焼いて、パンにはさむだけのシンプルなホットドックなら40ℓで可能。

ケチャップやマスタードのトッピングも可能だが、野菜はあわせられない。

 

▶︎80ℓの場合

レタスやキャベツを合わせたホットドックが提供可能。

 

▶︎200ℓの場合

ホットドックの場合、200ℓは必要なさそうだ。

 

かき氷

かき氷

▶︎40ℓの場合

シンプルなシロップだけのかき氷なら4ℓで可能。

 

▶︎80ℓの場合

フルーツを盛り付けるかき氷だと80ℓが必要。

 

▶︎200ℓの場合

かき氷だと200ℓはおそらく必要ない。

 

珈琲

珈琲

▶︎40ℓの場合

粉状の珈琲を用意すれば、ハンドドリップで提供できる。

珈琲豆を挽くことについては、原則だめですが、保健所によっては許可されることもあります。

 

▶︎80ℓの場合

珈琲豆を挽いて提供することができます。

豆を炒ることについては、保健所によって見解が違いますね。

 

▶︎200ℓの場合

制限が一切なく、自由にこだわりの珈琲を提供できます。

 

おにぎり

おにぎり

▶︎40ℓの場合

用意した具材を入れるだけなら、おにぎりを握ることができます。

具材を焼いたりすることはできない。のりもOK。

 

▶︎80ℓの場合

具材にこだわったおにぎりを提供することができる。

鮭を焼いたり、お肉を焼いたり。

ただ、具材の仕込みをすることはできない。

 

▶︎200ℓの場合

具材を一から調理したり、仕込みができます。

 

焼き鳥

焼き鳥

▶︎40ℓの場合

串うちした肉を焼いたり、冷凍の焼き鳥を焼くことはできる。

味付けもできるが、肉を切ることができない。

 

▶︎80ℓの場合

串うちから車内でできる。

 

▶︎200ℓの場合

タレを仕込んだりしない限り、200ℓはあまり必要ない。

 

バナナジュース

バナナジュース

▶︎40ℓの場合

皮を剥いたバナナを用意していれば、40ℓで可能。

ただミキサーで混ぜて提供する。

 

▶︎80ℓの場合

バナナの皮を剥くことからできる。

 

▶︎200ℓの場合

200ℓはあまり必要ないと思われる。

 

たこ焼き

たこ焼き

▶︎40ℓの場合

生地を用意していれば、たこ焼きを焼いて提供できる。

鰹節などもトッピングも可能。

生地やタコを準備するために、仕込み場所が必須。

 

▶︎80ℓの場合

たこ焼きの場合、40ℓとできることはあまり変わらない。

タコを切ることができるが、生地を仕込むことはできない。

 

▶︎200ℓの場合

生地を仕込むことからできる。

 

ロコモコ

ロコモコ

▶︎40ℓの場合

1工程しかできないので、40ℓだとロコモコは難しい。

 

▶︎80ℓの場合

炊飯し、ハンバーグや卵を焼いて、盛り付けることができる。

一般的には80ℓタンクがあれば可能。

 

▶︎200ℓの場合

ハンバーグのタネ作りからできる。

 

許可がいらないもの

 

以下の料理は営業許可すらいらないメニューです。

  • 焼き芋
  • 焼き栗
  • 焼きとうもろこし
  • ポップコーン
  • 綿あめ

じつは野菜などの農産物を焼くだけの場合、営業許可はいらないんです。

 

仕込み場所について

 

40ℓや80ℓのタンクでも営業許可の取得は可能なのですが、かんたんな調理しかすることができません。

料理にこだわりを出したい場合は、200ℓのタンクを設置するか、仕込み場所を用意するしかないんです。

 

小さいキッチンカーを購入してしまったら、200ℓタンクはなかなか設置できないと思います。

この場合の仕込み場所について、いくつか案を出したいと思います。

 

まず、よく仕込み場所の確保の方法として「知り合いの居酒屋の厨房を借りる」など言われますが、知り合いに飲食店経営者なんて、そういないと思います。

 

次に「自宅を改装する」という案もありますが、お金や家族のことを考えると、あまり現実的ではありません。

 

ということで、おすすめするのは「シェアキッチン」や「レンタルキッチン」です。

都内の安い場所だと、月額30,000円で場所を借りることもできます。

シェアキッチン

営業許可を取得するときも、仕込み場所としてシェアキッチンを登録できるので、初期費用を抑えるためにもおすすめです。

 

保健所への確認を必ず

 

ではここまで、それぞれの料理に必要なタンクの大きさについて書いてきました。

この結果は、近隣の保健所数カ所に、何度か調査をした結論です。

 

ただ保健所によって見解が違うので、このブログで紹介したことが全てではありません。

必ず自分がやりたいと思っている商材については、保健所に相談をしましょう。

 

どこまでを仕込み場所でやって、どこからキッチンカーでやるのかが、タンクの別れ道です。

ぜひ参考になれば嬉しいです。

開業前の準備
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました