【10倍のローリスク】屋台がキッチンカーより優れている理由 - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

【10倍のローリスク】屋台がキッチンカーより優れている理由

屋台開業の初期費用

どうもこんにちは。カケハシフードトラックのゆきち(@yuki_one2)です。

さてこのホームページでは、キッチンカーに注目してこれまで記事を書いてきましたが『屋台もいいんじゃないか』と、最近は考えるようになったので、屋台について今回は書いていきます。

 

屋台のイメージというと、裏で怖い人がいるじゃないかとか、ボスにあいさつをしないと出店できないとか、そういうことを考える人もいるのではないでしょうか?

安心してください。それは完全に思い込みです。

 

確かにひと昔は、そういう傾向はあったかもしれません。

ただ今はそんなことはなく、普通に誰でもできます。

 

さらにキッチンカーで出店できて、屋台はNGという場所もそこまで多くありません。

僕が思うに、屋台で開業も全然ありです。

 

ということで、今回は屋台のメリットと、その開業費用を紹介しようと思います。

新しく飲食店を始めようと思っている方に、選択肢のひとつとして、ぜひ読んでもらいたいです。

 

では今回のテーマはこちら。

 

屋台を開業するにはいくらかかるのか?

 

まずはキッチンカーと比較して、屋台のメリットとデメリットを考えていきましょう。

 

屋台のメリット

 

⑴費用が安い

後ほど内容を紹介しますが、屋台の開業費用は13万円ほどです。

キッチンカーに比べると、その費用は20分の1です。

 

⑵リスクが少ない

開業費用が安いということで、失敗しても取り返しがつきます。

そもそも飲食業というのは、非常に難しいビジネスということが数字で出ています。

 

中小企業庁の最近のデータだと「宿泊、飲食サービス業」の廃業率が最も高く、とある企業の調査によると、2年以内に60%が廃業するというデータもあります。

飲食サービスの開廃業率

(中小企業庁)飲食サービス業の廃業率の高さが分かる

飲食店の廃業年数

(シンクロフード)2年以内の廃業率は63.6%

※中小企業庁とシンクロフードさんの資料を参照

 

ということで、いざ飲食店をはじめても、ほとんどの確率で廃業することが数字で証明されています。

だとしたら、最悪の事態には備えておく必要はあります。

 

もし屋台開業で失敗したとしても、損失は13万円です。

1ヶ月普通にアルバイトすれば取り返せる額ですよね?

 

つまり屋台開業はほとんどノーリスクだということです。

 

キッチンカーの場合、どんなに安くても100万円はかかるので、10倍のリスクがあります。

ということで、屋台はリスクが少ないというメリットでした。

 

屋台のデメリット

 

今度は逆に屋台のデメリットを紹介します。

 

⑴こだわった料理が提供できない

屋台の営業許可のルールでは「簡易な調理」という縛りがあります。

簡易な調理とは、焼くだけとか、盛り付けるだけとか、調理工程の少ない料理のことを言います。

 

焼いて盛り付けるなどの、2工程以上になるものは基本はNGのようです。

 

しかし中には特例もあり、ラーメンとホットドックなどは2工程以上ですが、屋台で提供できます。これは昔ながらの風潮とか、雰囲気が反映されているようです。

 

ここらへんの都合は保健所によって違うので、ほんとに謎です。まあだいたいは1工程までの調理のものと考えてください。

 

ということで、基本的にはかんたんな料理しか提供できないということが、一つ目のデメリットです。

 

⑵風の影響を受けやすい

キッチンカーもかなり風の影響を受けるのですが、屋台はそれ以上にあおられます。

窓口が大きく、テントで風を受けやすい構造になっているので、強風での営業はとても危険です。

 

晴れていても営業できない日もあるでしょう。天候の影響というのはキッチンカー以上に死活問題です。

 

それではメリットとデメリットを紹介しました。

ざっくりまとめると、かんたんな料理しか提供できないのですが、初期費用はかなり安いということです。

 

屋台開業にかかる費用

 

続いてはメリットとデメリットを理解したうえで、開業費用を計算します。

営業許可を取るために必要なアイテムを紹介し、定期的に出店することを想定します。

 

テント

13,500円

作業スペースを広くするために、3m×3mのテントがいいです。

ワンタッチで開く、キャンプ用のもので十分です。

 

テントの内幕

5,000円

屋台は正面以外の3面を、シートで囲わなくてはなりません。

紹介したテントには1枚だけ幕が付いているので、もう2枚を追加しましょう。

 

給水タンク20ℓ

1,600円

屋台には18ℓ以上の給水と排水タンクが必要です。つまり20ℓのタンクを2つ購入する必要があります。

手洗い用には蛇口付きのタンクがおすすめです。

 

カインズのオンラインストアで安く買えます。

カインズ-20ℓタンク

 

折りたたみテーブル

7,800円

受付や作業台として使う長めのテーブルです。

折りたたみ式で強度もある、こちらの商品が使いやすいです。長さが1.8mあるので、広々使えます。

 

バケツ

450円

手を洗ったときに、排水を受けるためのバケツです。

ホームセンターに売っている、普通のバケツで大丈夫です。

カインズ-排水受けバケツ

 

ロート

200円

バケツにたまった汚水を、タンクに入れ替えるために使います。なくても大丈夫ですが、あった方が清潔です。

カインズ-漏斗

 

ハンドソープ/アルコール

1,000円

手洗い石鹸とアルコール消毒を準備します。

 

焼き台

20,000円

屋台といえば鉄板ですね。ガスを使うもので、一番安いものを紹介します。

幅は61cm、奥行き37cmあるので、だいたいのものは作れます。

ガスグリドル-楽天

【プロ用/新品】プレス鉄板焼 TS-60 幅614×奥行370×高さ180mm (送料無料)

 

プロパンガス

12,000円

鉄板を使うには大量の可燃ガスが必要です。

屋台やキッチンカーで使うガスボンベは8kgか5kgのものが多いです。

ガスボンベ比較

8kgでだいたい16時間、5kgで10時間の燃焼が可能です。

 

ガスを充填するには、街のガス屋さんに行く必要がありますが、なかなか個人向けに販売している場所は少ないのです。

千葉県のガス屋さんなら、紹介できるのでお問い合わせください。

ガスの充填料金は、1kgあたり400円ほどです。

 

ふた付きゴミ箱

2450円

衛生面を考えてふたが付いているゴミ箱が必要です。

ふたが付いていれば、ポリバケツなどでも十分です。

 

クリアケース 1280

1,280円

料理を提供するための容器は、外に出して置いてはいけません。

クリアケースなどに入れて、汚れから守ります。

ホームセンターでも購入できます。

 

クーラーボックス

4,500円

食材を持ち込むのに、温度計付きのクーラーボックスが必要です。温度計は別売りのものを入れれば大丈夫です。

冷蔵庫でもいいんですが、クーラーボックスでも許可はおります。しっかりしたものは高いですが、発泡スチロール素材だと割安です。こちらもホームセンターで購入できます。

カインズ-クーラーボックス

 

冷凍庫ストッカー

23,300円

これは許可には必須ではないですが、自宅に食材を保管するためにきっと使います。

家庭用の冷凍庫では食材を保管しきれません。142ℓの冷凍庫を持っておくと、かなりの量を保管しておくことができます。

 

営業許可

14,000円

営業許可の発行手数料です。保健所によって違いますが、だいたいは1万円強です。

 

タペストリー

20,000円

看板やメニューに使う横断幕のことです。

営業許可には関係ないですが、屋台をするなら必要なアイテムです。目をひく看板は、売上に大きく影響します。

大きさや素材によって違いますが、一応20,000円を算入しておきます。

 

僕がよく使うタペストリー業者はこちらです。

横断幕・垂れ幕・各種シート印刷が2,750円〜│横断幕・懸垂幕キング
【最短3営業日】横断幕・応援幕・広告イベント幕のオリジナル印刷が1枚2,750円〜。自由サイズでも1分で見積確認。利用料無料!WEB上で簡単にデザインを作成、注文まで可能な人気サービス「幕デザイン」。横断幕・懸垂幕の販売・製造専門店。

 

運送用の車両

 

自家用でも車があれば必要ないですが、何も車を持っていない場合は必要です。

中古の軽トラでそれなりのもの買うと470,000円くらい。

中古の軽自動車

 

出店回数が多くなければレンタルでもOKです。

軽自動車レンタル費用

12時間の利用で5,280円です。

 

ということで屋台開業にかかる費用をまとめます。

  • 営業許可を取るだけ:72,280円
  • 出店に必要なものを十分にそろえる:12,7580円
  • 車も購入する場合:597,580円

という結果になりました。

 

まとめ

 

ではいかがだったでしょうか。

屋台のメリットと開業費用について、内訳を含めて紹介してきました。

 

最後にもう一度かんたんに説明します。

 

屋台のメリット

  • 開業費用が安い
  • リスクが少ない

 

屋台のデメリット

  • こだわった料理ができない
  • 風の影響を受けやすい

 

屋台の開業費用

127,580円

 

「飲食店を開業したい」という目的に、最安値でいけるのがおそらく屋台です。

キッチンカーの初期費用は、200万円〜300万円が平均なので、どれだけ安いかが分かると思います。

 

ビジネスとして非常に難しいと言われる飲食業界。まずは屋台からはじめてみるものいいと思います。

千葉の出店場所ならカケハシフードトラックでいくらでも紹介できるので、屋台で開業した場合もぜひご連絡ください。

 

では最後まで読んでいただきありがとうございました。将来を見据えた開業を応援します。

屋台について
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました