キッチンカーのレジに必要なものとは - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

キッチンカーのレジに必要なものとは

キッチンカーのレジについて

どうもこんにちは。カケハシフードトラック代表のゆきち(@yuki_one2)です。朝にラジオを投稿しているので、ぜひ聞いてください。

カケハシラジオ | stand.fm
キッチンカーの新しい情報をお届けします。 〈ホームページ〉 〈YouTubeチャンネル〉

 

さてキッチンカー開業にむけての準備のひとつ、レジについて今日は紹介しようと思います。

 

料理とか看板の方に注力しがちですが、レジ環境もめちゃくちゃ大事です。

ここを整えておくと回転率が上がり、売上が伸びます。

 

想像してください。

料理の提供が早くても、お金の受け渡しでもたついてたら意味無いですよね。

 

お会計もキッチンカーにとっては大事な業務のひとつです。

そして実は、レジ環境を充実させるのにお金は必要ありません。

 

今回は無駄のないキッチンカーのレジ環境を紹介しようと思います。

仕事の効率を強化し、お客さんの満足度を高めていきましょう。

 

キッチンカーのレジシステムはこれ

 

最初に結論からいうと

  1. Airレジ
  2. 小銭ボックス
  3. PayPay

これだけそろえれば十分です。

その根拠を今から説明していきます

 

クレジットカードはいらない

 

僕はキャッシュレスが大好きです。

普段はもうお財布は持ち歩いていなくて、決済はスマホと腕時計で完結させています。かなりキャッシュレスのヘビーユーザーです。

 

そんな僕が思うに、キャッシュレスはPayPayがあれば十分です。

 

もちろん僕は、クレジットカードやiDとかQUICPay、楽天ペイ、d払いなどあらゆる手段を持っているんですが、とにかくPayPayさえ設置してくれれば、お店に感謝してます。

PayPayはスマホだけあればOKなので。

 

現在、日本のキャッシュレスで一番使われているのはクレジットカードです。

 

〈キャッシュレス利用率TOP10〉

キャッシュレス普及率

日経TREND
https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/casestudy/00012/00300/

 

これを見ると「クレジットを導入した方がいいのか」と思うんですけど、本当に現金を持ちたくない人はPayPayも利用しています。

 

現金を使いたくないのに、PayPayを利用していない人はかなり少数派と思って大丈夫です。

 

クレジットカードは現行のQR決済が流行る前に広まったもので、日本だと8割以上の方が保有しています。(20代~60代で)

なのでランキングでは1位ですが、クレジットを持っている人はお財布にカードを入れているので、同時に現金も持ち合わせています。

 

僕のようなキャッシュレスユーザーは、普段お財布を持っていないので、クレジットを持ち歩いてないこともよくあります。

 

お財布を持たない人のために、クレジットよりもPayPayをとにかく導入するべきです。

現代はクレジットはそんなに重要ではありません。

 

PayPayの凄さ

 

QR決済はたくさんあるのですが、なぜPayPayがいいのでしょうか?

答えは圧倒的な普及率です。

 

他のQR決済を持っている人は、まずPayPayも持っています。

PayPayは持ってないけど、他のQR決済を持っている人なんてほとんどいないです。

 

親会社にソフトバンクを持つPayPayは、これまで大赤字を出してまで、莫大な広告費をかけてきました。CMにネット広告、大規模なキャンペーンなど。

それもすべて日本にPayPayを普及させるためです。

 

現状で400億弱の赤字ですが、その計画通り日本にPayPayはかなり普及しました。

これから400億円を回収しに来るでしょう。

 

この通りPayPayは普及率が飛び抜けているので、QR決済ならPayPayが一番便利なのです。

現金会計はAirレジと小銭ボックスで

 

お会計に必要なシステムは

  • Airレジ
  • 小銭ボックス
  • PayPay

と紹介しましたね。

 

つまりキャッシュレスはPayPay一本で大丈夫です。

お店に設置したQRコードをカメラで読んでもらって、数字を売ってもらうだけです。

PayPay読み込み

 

お店側のやることはありません。

PayPay会計の間は盛り付けに集中してください。

 

残るは「Airレジ」と「小銭ボックス」ですが、これは現金でお会計する場合の対策です。

 

僕もキッチンカーをやっていたので分かるんですが、どんなにキャッシュレスを設置していても8割は現金を使います。

つまり現金会計の効率を上げることが一番大事ということです。

 

そこで役に立つのがAirレジと小銭ボックスです。

ちなみに小銭ボックスはこれを使ってください。

コンパクトで機能性抜群です。

 

そしてこれにAirレジを合わせると、とても便利です。

 

Airレジができること

 

まずは何が便利かというと、会計のスマートさです。

 

〈Airレジの決済方法〉

⑴注文された商品をタッチ

Airレジ使い方

⑵もらったお金を入力

Airレジ使い方

⑶お釣りが計算される

Airレジ使い方

たったこれだけです。

 

これで何時に何が買われたのかが、データ化されます。個別に注文を見ることもできますし、月間の売上を見ることもできます。

 

もちろん確定申告の書類にも使えます。

 

開設費用

 

Airレジは0円でダウンロードできるアプリです。

iPhoneかiPadがあれば、誰でもすぐに使うことができます。

(※アンドロイドは非対応)

 

つまり開設費用は0円です。

 

もしクレジットカード決済を導入したい場合、Airレジと連動している「Airペイ」に申し込めばOKです。こちらも開設費用は0円ですが、クレジット決済ごとに約3%の手数料が引かれます。

ただ僕が言ったとおり、キッチンカーの場合はクレジットは必要ないと思います。

 

0円で入手できる「Airレジ」と、小銭ボックスがあれば十分です。

  • 小銭ボックス:5,000円
  • Airレジ:0円
  • PayPay:0円

快適な環境を作るのに5,000円あれば足りてしまいます。

Airレジ

Airレジ

Recruit Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

※アンドロイド非対応

 

まとめ

 

今回言いたいことをまとめます。
キッチンカーのレジは

  • PayPay
  • エアレジ
  • 小銭ボックス

この3点を用意すれば大丈夫です。

キャッシュレスに敏感な人も、現金を使いたい人も、すべての層に対応できます。

 

キッチンカーという狭いスペースを占領することもなく、お会計がスマートになります。

ぜひ取り入れてみてください。

キッチンカー運営
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました