【キッチンカーの開業】最初にやるべきこと - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

【キッチンカーの開業】最初にやるべきこと

何からやるべきか

どうもこんにちは。キッチンカーサポート事業、カケハシフードトラック代表のゆきち(@yuki_one2)です。朝にラジオを投稿しているので、ぜひ聞いてください!

 

カケハシラジオ | stand.fm
キッチンカーの新しい情報をお届けします。 〈ホームページ〉 〈YouTubeチャンネル〉

 

さて今回の記事は「キッチンカーを開業したいのだけど、何からやったらいいの!?」という疑問に答えます。

 

事業計画??

売上計画??

 

違います。やるべきは体験です!!

 

やったことが無い人が、キッチンカーを具体的にイメージすることは不可能です。

僕が2年前に作った事業計画なんて今や何の役にも立っていません…。

 

僕が思うに、何より大事なことは現場を知ることです。

 

事業計画書通りにことが運んだことなんてひとつも無いです。すべてが想定外で、予想だにしないことばかり起こるがビジネスです。

 

間違いなく開業する前にやるべきことは、実際に体験することなんですね。

 

もしかしたらひと昔前までは、仕事の体験なんて出来なかったかもしれない。

ただ今はできます。

 

キッチンカーを本気で開業しようと思ったら、ざっと300万円くらいはかかります。

そして開業した後に「自分には合わないかも」なんてことになったら、嫌々でも借金を返済するまで働かないといけなくなります。

 

これはなかなかの地獄です。

 

そんなリスクを軽減するためにも、実際に体験することをおすすめします!!

 

「キッチンカーをちょっと体験する」

そんなことができるサービスを今回は紹介します。

 

ということで今回のテーマはこちら。

 

キッチンカーを体験できるサービス紹介

何からやればいいの

今回紹介するサービスは2つです。

街角ステージweldi

 

2021年4月サービス開始。

あのハウス食品が提供する、新しいキッチンカー事業です。

 

街角ステージ Weldi

 

サービス概要

 

キッチンカーをレンタルして、用意された仕込み場所と出店場所を利用できるサービス。

 

■費用

登録など初期費用無料

 

■利用できるもの

  • 仕込み場所(セントラルキッチン)
  • キッチンカー
  • 販売場所

 

■利用条件

  • 週1回以上すること
  • 3ヶ月以上契約すること
  • 食品衛生責任者を取得すること

 

■出店料

  • 仕込み場所を使う場合:売上の35%+5,000円
  • 使わない場合:売上の25%+5,000円

 

初期費用が無料ですが、出店するごとに少なくとも5,000円がかかるのがポイントです。

 

どれくらいの費用がかかる?

 

注目するべきは最低3ヶ月契約ということと、週一回以上は出店すること。

仮に週1回だけ出店して、毎回10,000円の売上だった場合を試算してみましょう!!

 

3ヶ月なので、13週間ということで計算します。

 

まず出店一回ごとの出店料は

(売上)10,000円×35%+5,000円

8,500円です。

 

これを13回で

8,500円×13回=110,500円

 

さらに食材費は30%を見込んで

130,000円×30%

39,000円を計上します。

 

そこから売上130,000円が手に入るので

130,000円-(110,500円+39,000円)= -19,500円

 

週1出店で毎回10,000円を売り上げれば、19,500円を支払うことになる計算です。

前向きにとらえれば、3ヶ月のキッチンカー体験を19,500円でできるということになります。

 

まあここから包装パックとか消耗品やら、場合によっては看板やメニュー表を作る人もいるので、もうちょっと費用がかかるでしょう。

 

しかし1日10,000円といわずに、それ以上を売ることができれば、むしろ収支はプラスに転じるかもしれません。

 

短期間キッチンカーを経験したい」という目的なら、かなりコスパはいいかと思います。

 

ここでの体験から、本格的にキッチンカーを購入して独自で開業するのもいいし、やっぱり自分には合わないからやめておこうと思うのもいいですね。

とくにやめておこうと思った場合に、20,000円弱で済むのはかなりのリスク回避と言えます。

 

キッチンカーを現場で体験するという目的なら、かなりおすすめです!

キッチンカーレンタルサービス「街角ステージweldi」 | ハウス食品グループ本社
個性ある飲食店が街にあふれる社会を。街角ステージweldiなら、初期費用、デポジットなしで、ワンストップでキッチンカーをはじめられます。

 

長期的な利用はもったいない

 

しかし長期的なWeldiの利用はおすすめしないです。

なぜなら仕込み場所を持っていたとしても、売上の25%+5,000円

 

高すぎます..

 

ぜひカケハシフードトラックの紹介している出店場所を見て欲しいのですが、だいたい売上の10%くらいが目安になっています。場合によっては5%くらいになるところもあります。

 

個人的にこのラインが、キッチンカー業者にとって健全なところかなって思います。

出店場所リスト
千葉県を拠点にするキッチンカーの方へ、出店場所を紹介しています。初めて応募する方は書類の添付をお願いしています。詳しくは公式LINEまでどうぞ。

 

キッチンカーをやっている多くの方は、個人で小さく開業しているので、1日25%も5,000円も取られたら、かなり厳しいはずです。

僕はそうでした。

 

ということで、Weldiは短期的に「キッチンカー体験」ととらえれば、かなり良いのではないでしょうか??

 

キッチンカーのアルバイト

 

続いてのサービスはシンプルにアルバイトをすることです。

インディード

アルバイト検索なら「indeed」が掲載数が多く探しやすいです。

キーワードで「キッチンカー」と打つだけで、結構なお仕事が出てきます。

アルバイト求人検索結果

都内での求人が多いですが、単発で働くこともできます。一度キッチンカーを経験してみるという目的であれば、アルバイトはおすすめです。

お金ももらえますしね。

仕事探し | Indeed (インディード)
Indeed(インディード)では、あなたの次のキャリアを探すためのさまざまな求人情報をまとめて検索できます。求人検索や履歴書、企業クチコミなどのツールであなたの就職活動をサポートします。

 

最後に

 

ということで今回は「キッチンカーが体験できるサービス」というテーマで記事を書きました。

結論は 考えるより動け です。

 

実際に現場に立つのが、一番イメージを持ちやすいです。

特に副業でキッチンカーを始めようと思っている方は、一度その大変さを体感するのはいいと思います。

 

「できそう」と思っていても、それを継続するのは、じつは難しいんです。

僕もそうでした。

 

例えば事業計画では、1ヶ月で25日出店を予定していましたが、全然できませんでした。

18日くらいが限界です。

 

これはやってみて初めて気づいたことです。

きっと僕と同じようなことがたくさんあると思うので、ぜひキッチンカーを開業する前に体験することをおすすめします。

 

では以上となります。

考えるよりも、一度現場を経験してみてください。

開業前の準備
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました