【辞めることを想定して開業】キッチンカーの新しい戦略を考える - カケハシフードトラック
InstagramはコチラYouTubeはコチラ

キッチンカーの開業に必要な準備をここで全て明確にしましょう!

キッチンカー動画セミナー

キッチンカー開業の動画セミナーの詳細はこちら

 

【辞めることを想定して開業】キッチンカーの新しい戦略を考える

新しい戦略

どうもこんにちは。カケハシフードトラック代表のゆきち(@yuki_one2)です。朝にラジオを投稿しているので、ぜひ聞いてください!

カケハシラジオ | stand.fm
キッチンカーの新しい情報をお届けします。 〈ホームページ〉 〈YouTubeチャンネル〉

 

さてさて今回のブログはキッチンカーの開業方法について、『こんなのはどう?』という新しいスタイルを提案させていただきます。

 

結論から言うと「廃業することを見越して」キッチンカーを始める方法です。

 

「キッチンカーを開業する」って決めたときには、まさか途中でやめようとは思わないですよね。しかし統計的に見て、キッチンカーはほとんどが数年で廃業しています。

 

一生キッチンカーで食って行こうと思って準備しても、そんな思い通りにはいきません。僕がいい例です。

 

そしていざ廃業となると

  • キッチンカーが売れない
  • 在庫が余りまくってる
  • 借金だけが残った

などの問題を抱えるのです..

 

それならば

最初から廃業を見越してキッチンカーを開業するのはどうでしょうか!?

 

このブログでは、廃業後も後悔しない、非常にリスクの少ない開業方法を提案していきます。僕自身が廃業するときに経験したことがベースにあるので、かなり信憑性はあります。

 

ぜひ見ていってください。

 

辞めることを想定して開業してみる

 

廃業後の失敗談

 

『キッチンカーで生きて行こう』

そんな覚悟を決めて、開業に踏み切る人がほとんどでしょう。

 

しかし現実は、約半数が2年以内に「廃業」という結果に追い込まれます。人生は上手くいかないことがほとんどです。

 

しかも途中で仕事をやめたとしても、人生は続きます。人間はその後の生活のために、立ち直らないといけないんです。

 

ここでキッチンカー廃業後の最大の失敗例を紹介します。

キッチンカーを安値で売るしかなく、借金がかなり残った

 

廃業後の最大のリスクはこれです。キッチンカーをやめたのにも関わらず、廃業後もその尻拭いをしなくてはいけないパターンです。

 

気持ちを切り替えて新しい仕事に挑戦したくても、これでは前に進めません。

 

ではなぜキッチンカーは高値で売れないのでしょうか?

この理由を考えてみましょう。

 

キッチンカーが高値で売れない理由

困った人

⑴ 塗装をこだわってしまった

 

キッチンカーのボディにお店のロゴをプリントしたくなりませんか?

 

これをやめた方がいいです。

 

なぜなら買う人のことを考えたら、知らないお店のマークがあったらジャマですよね。ロゴを消すにしても余計に費用がかかってしまいます。

 

キッチンカーのボディにお店のロゴをプリントしても、集客効果はほとんどありません。

 

なぜなら商品を買う人はお店のロゴなんて気にしてないからです。気にしているのは「何を売っているのか」と「いくらか」ってことです。

 

お店のロゴをペイントするのは、自己満にすぎないことが多いので、売却のことを考えるとしない方が得策です。

 

どうしてもお店のロゴを掲載したい場合は、外付けのタペストリーに付けるといいでしょう。

ロゴのキッチンカー

 

⑵ 車内が汚かった

 

汚い車は買いたくないですよね。

特に揚げ物をやるキッチンカーは、車内の掃除を気をつけた方がいいです。

 

油は時間が経つと落ちにくいうえに、酸化して臭いがきつくなります。またホコリとくっつくと黒くなって、見た目も最悪です。

そんな車を買いたいという人は少ないでしょうね。

 

揚げ物をやらない車も、ホコリや食べ物の破片はよく落ちているので、こまめに掃除するようにしましょう。

 

⑶ 古い車を買ってしまった

 

キッチンカーも車です。

道路を走るということが一番大事なことなので、この機能が低いと売れないことが多いです。

 

走行距離が長い車や、古い車は故障することが多いです。

外見は新しそうに見えても、走行距離と何年前の車なのかはチェックしておきましょう。

 

⑷ 車屋さんに売却してしまった

 

これが凄く大事なポイントかもしれません。

キッチンカーを通常の車屋さんに売却すると、かなり安値で買い取られます。

 

そして高値で販売され、車屋さんは大きな利益を得ます。これが通常の売却ルートです。

 

しかし個人間で売買することで、車屋さんを間にいれる必要はないです。そうすれば高値で売却でき、安値で購入できるというwin-winな関係が生まるでしょう。

 

しかし、なかなか個人で買い手を探すのは難しいかもしれません。キッチンカーの個人売買をサポートするサービスもあるので、それを使ってみるのも手ですね。

 

こちらは手数料5%で個人売買先を探せるようです。

中古キッチンカーの縁結び キッチンカー個人売買仲介サイト
売りたい人はお店で売るよりも高く売却ができ、買いたい人はお店よりも安く買うことができるキッチンカーを売りたい人と買いたい人を結ぶ【キッチンカーの縁結び】

 

辞めることを想定した開業とは

 

以上がキッチンカーが売れない理由です。

ではこれを踏まえた上で「辞めることを想定した開業スタイル」を紹介していきます。

 

⑴ キッチンカーはシンプルに

 

ボディに余計なペイントはしないことです。

そしてカラーも落ち着きのある色にしましょう。

 

ピンクや赤は避けてください。人気が無いので。

ブラック、ネイビー、カーキあたりが落ち着きがあっておすすめです。

 

自分が好きな色じゃなくて『売れる色は何だろうか?』ということを考えて、選んでみてください。もう一度言いますが、ペイントは一切しないでください。

 

⑵ 車内は常に清潔に

 

出店後の掃除は必ず実施してください。それが売却の査定に響くと思っていれば、掃除も頑張れるはずです。

また運転席も大事な部分なので、常に清潔に保つように。

 

⑶ 初期費用を抑える

 

廃業後に借金が残るのを避けたいので、初期費用はできるだけ低くするのもおすすめです。

だからと言って、自分でキッチンカーを作ることはおすすめしません。めちゃくちゃ大変ですし、チープ感がどうしても出てしまます。

 

そこは専門の製作会社に依頼した方がいいですが、できるだけ費用は抑える方針で頑張りましょう。先程の通り、余計なことはせずにシンプルなキッチンカーなら、そこまで費用はかからないはずです。

 

バンパー、車のフェイス部分も通常のままでいいと思います。そっちの方がメンテナンスが楽で、車検も通りやすくなります。

シトロエンスタイルもかっこいんですが、これも売上には大きな影響はありません。

シトロエンスタイル

 

常に売れることを考えて、車を購入してみてください。

 

⑷ 購入してくれる人を確保しておく

 

ちょっと難しいかもしれませんが、廃業後に購入希望者がいればかなり気持ちが楽になります。

実は僕はこのパターンで、非常に助かりました。

 

クレープ屋さんをやっていたのですが、同時に「キッチンカーを体験したい人」というのを募集していまして、そこに来てくれた方が後の購入者になりました。

 

キッチンカーを売却する前に一度面識があり、一緒に出店をした仲です。もはや他人とは思えないです。

そんな関係から売買につながったので、お互いに安心感があったと思います。

 

購入した方は、事前に一度キッチンカーで営業を経験しているので「中身がどんなものになっているか」を知っています。

売却する方も「どんな方が買ってくれるのか」を知っているので、とても良かったです。

 

キッチンカーをやりながら、次の後継者を探すのも大事なことですね。カケハシフードトラックの「キッチンカー体験」をぜひ活用してください。

ページが見つかりません。 - カケハシフードトラック
千葉県最大のキッチンカープラットフォーム

 

⑸ 設備も一緒にあげちゃう

 

次の購入者にはキッチンカーに必要な設備を一緒にあげてしまうことをおすすめします。

 

僕は

  • クレープセット
  • タッパー
  • 冷蔵庫
  • クーラーボックス
  • 消耗品

などなど、出店に必要なものほぼすべてを差し上げました。

 

そうすることで、次の購入者は素早く初出店をむかえられますし、何よりお得感が生まれます。きっと『ここで買ってよかったな』と思ってくれます。

 

そして売却者も余計な設備がなくなってスッキリしますし、ちょっと値段を上乗せして売ることもできるでしょう。まあこれはケースバイケースですけどね。

 

⑹ 在庫は大量注文しない

 

これは僕がやってしまったミスです。

特にクレープの包み紙を大量に余らせてしまいました。

 

消耗品は大量に注文した方が1枚あたりのコストが安くなります。

例えば10,000枚購入すると50,000円

5,000枚購入すると30,000円みたいな感じです。

 

10,000枚だと(1枚5円)ですが、5,000枚だと(1枚6円)なので『10,000枚を買った方がお得じゃん!!』と思っていたのですが、これは間違いです。

 

おかげで家には大量の包み紙が余ってしまいました。めちゃくちゃもったいなかったです。

 

多少割高でも、絶対に使いきる量だけを注文するようにしましょう。

途中でデザインを変更したくなったり、他の商材に変える可能性もあるので、2ヶ月分の発注でいいと思います。

 

まとめ

 

キッチンカーが高値で売れない理由

  1. 塗装をこだわった
  2. 車内が汚い
  3. 古い車を買ってしまった
  4. 車屋さんに売ってしまった

 

辞めることを想定した開業方法

  1. キッチンカーはシンプルに
  2. 車内は常に清潔にする
  3. 初期費用を抑える
  4. 購入してくれる人を確保する
  5. 設備も一緒にあげる
  6. 在庫は大量発注しない

 

結論は常に売り抜けることを考えながら準備することです。

 

僕はキッチンカー売却した後は、ローン以上のお金を受け取りました。

キッチンカーという経験を買えて、そのときの生活費を稼げて、最終的にはプラス収支で終えることができたのは、すべて高値で車を売却することができたからです。

 

さらに購入者も市場の70%ほどの資金でキッチンカーを始められました。まさにwin-winだと思います。

 

キッチンカーをやめた後に借金を残さなければ、いくらでも次のステップに進めるでしょう。再就職をしてもいいし、新しい事業をはじめてもいい。

 

とにかく高値で売り抜けることが大事だと思うので、これから開業を目指している人はぜひ参考にしてみてください。

キッチンカー運営
この記事を書いた人

ゆきち
プロフィール背景なし

33歳。元東京消防庁勤務。キッチンカーでクレープ屋を開業し、その様子をブログやYouTubeで公開する。現在は「リスクの少ない飲食店独立」を目標に、出店場所の紹介や情報発信に力を入れています。

\参考になったらシェアしよう/
\SNSもフォローしてね/
カケハシフードトラック

\お気軽に意見ください /

タイトルとURLをコピーしました