キッチンカー登録募集中!!
〈無料〉キッチンカー体験記公開中!!
詳細はコチラ
Instagramはコチラ YouTubeはコチラ

【キッチンカーは稼げる?】実際に8ヶ月やってみての体験談

キッチンカーを8ヶ月やった体験談 キッチンカー運営

こんにちは。キャンプスクレープのゆきち(@yuki_one2)です。YouTubeチャンネル大好評です。

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

この前のYouTubeで発表したのですが、僕はキッチンカーの第一線を退くことにしました。キャンプスクレープは義弟のヒロシ君に任せて、僕はキッチンカーの新しい可能性を探しにいきます。

 

さてコロナが世界を襲い、今までの常識がガラッと変わりました。

 

日本の飲食店に目を向けると、大手チェーンが次々と店舗を縮小し、個人のお店は廃業に追い込まれることも多くなりました。多くの方が苦戦を強いられています

 

失業

 

そこで注目されているのがキッチンカーです。

 

キッチンカーを製造している知り合いの方や、同業者に聞いたところだと、コロナ後は圧倒的にキッチンカーの需要は増えているようです。

 

そもそも脱サラもしくは、副業としてキッチンカーに興味を持つ人もたくさんいたので、コロナによってその拍車がさらにかかったようです。

 

 今回のブログはキッチンカーを8ヶ月やってみての僕の感想を言います。何の圧力もかかっていません。僕のリアルのリアルに感じたことを書きます。

 

これからキッチンカーで開業する人、副業としてやっていこうとしている人に見て欲しい内容となっています。

 

それではどうぞ。

 

キッチンカーを実際に8ヶ月やってみての体験談

キッチンカーを8ヶ月やった体験談

 

これから話すことは全て僕の個人的な感想です。人によって感じることはもちろん違ってくるので、一意見として聞いてください。

 

キッチンカーはかなりキツい

 

過労

 

まずキッチンカーは本当に体力的にも精神的にもキツかったです。やる前は「できるでしょ」と甘く見てましたが、やってみるとかなりキツいです。

 

まず何より大変なのが仕込みです。

  • 買い物に往復60分くらい
  • 生地の仕込みをするのに60分
  • 片付けで20分くらい
  • クレープの材料の準備に60分

まずこれが仕込みだけでかかる労力です。

 

次に出店の日も

  • 朝の積み込み30分
  • 出店場所に着いてからの準備40分
  • 出店後の片付け40分
  • 機材の洗浄など30分

これだけの仕事があり、さらに次の日の仕込みが待ってます。

 

出店中も忙しくなるので、これが毎日続くと元消防士の僕でも体力的にかなりキツかったです。

 

そして、ただひたすら「毎日同じものを作って売る」という作業は、自分が前に進んでいる気がしなくて僕は精神的にも応えました。

 

最初は新しいことに挑戦するというワクワクがあり、楽しさがありましたが、その気持ちはだんだん薄れてきて、作業のように感じられると苦痛しかありません

 

さらにもっとキツいのは、これだけ準備したのに売れなかった時です。

 

出店中に誰も来なくてボーッとしてる時は『僕は何をしてるんだろう..』という気持ちになりました。

 

出店一回を切り取るとそこまで大変ではないですが、同じことを繰り返す日々というのは想像以上に苦痛がともないます

 

キッチンカーは儲かるのか?

 

稼げる

 

結局これが一番気になりますよね?

 

キッチンカーが稼げるかどうかの問題は一概には言えなくて、まずどの規模のキッチンカーを持っていて、どの出店場所を狙っていくのかで大きく変わっていきます。

 

例えば僕のように小さい車を持っているのか。

それとも1tを超える大きなトラックを持っているのか?

 

主な出店場所はスーパーなど街の一角を借りるのか?

年に数回の大きなイベントを狙っていくのか?

 

どうやってキッチンカーをやっていくかで、出せる利益というのは大きく変わります。

 

なので今回は自分の話をします。僕のキッチンカーはご存知の通り、軽バンタイプの一番小さいキッチンカーで、出店場所は平日はスーパー、土日は道の駅などを中心に回っていました。

 

キャンプスクレープ

 

コロナ前を参考にすると、調子がいい時で月間の売上は42万円ほど。手元に残る利益は24万円くらいでした。

 

キッチンカーは儲かるの?開業2ヶ月目と3ヶ月目の売上報告
移動販売-キッチンカー「キャンプスクレープ」のホームページです。

 

これが1年続いたとしても、年収は300万円弱ですね。2020年日本人の平均年収は441万円なので、キッチンカーがどれほど厳しいかはよくわかるはずです。

 

しかも先ほど言った通り、なかなかの重労働なので、労働に対するコスパは悪いかなと思います。

 

これはあくまで僕の例ですが結論は..

 

キッチンカーは儲からないです。

 

キッチンカーをやるべきか?

 

悩む

 

さて儲かるかどうかとキッチンカーをやるべきかというのは、また別の話です。

 

稼ぐためにキッチンカーをやりたいというなら、先ほどの通り僕はおすすめしません。

 

ただキッチンカー自体は凄い楽しいこともあります。イベントの出店とか人がたくさん集まる所での出店は、今までに無いような体験ができるので、とても楽しかったです!

 

キッチンカー夢の実現/子供たちにかき氷100食無料で配ってみた

 

こういう体験とか楽しさを追求したい人は、絶対にやった方がいいです。

 

利益を目標としないキッチンカーはめちゃくちゃ面白いので、こういう方にはぜひやって欲しいなと思います。

 

キッチンカーを副業としてやるべきか、専業でやるべきか

 

キッチンカーライト

 

僕の答えは『副業』でやるべきです。

 

なぜならキッチンカーで生計を立てようとすると、キッチンカーが楽しくなるなるからです。

 

楽しくないことが人生の軸になると、何のために生きているか分からないです。

 

辛いことも我慢するべき?

 

いえ、やりたくない事はしなくていいと思います。自分の人生、楽しいことだけをやっていきたいですよね。

 

キッチンカーを楽しむためには、キッチンカーが楽しいと思う場所にだけいく事です!

 

キャンプスクレープの方針

 

僕たちの道

 

以上のことを踏まえてキャンプスクレープでは、キッチンカーが楽しい仕事となるような取り組みを始めていきます。

 

まとめると現状のキッチンカーの問題は..

  1. 毎日の出店は体力的にも精神的にもキツすぎる
  2. 収入的に将来性が無い
  3. したがって楽しさが無くなっていく

 

自分自身がキッチンカーをやってみて、楽しさも分かりましたが、辛さや将来性の無さは痛感しました。

 

まだ具体的な方策は見つかってませんが、キャンプスクレープはキッチンカーを誰もが楽しめる環境を作っていきます。

 

僕が何か仕掛けるときはTwitterやYouTubeで協力者をいつも募集しています。

 

  • キッチンカー交流会
  • かき氷100食無料配布
  • クラウドファンディング

 

これまでも人を巻き込むのはいつもここからです。今後はキッチンカーの出店場所を格安で提供できる仕組みを作ろうとしています。

 

キャンプスクレープと一緒に進んでいきたい人は、ぜひTwitterフォローや、YouTubeのチャンネル登録をお待ちしています!!

 

@camps90
Linktree. Make your link do more.

コメント

タイトルとURLをコピーしました